1. TOP
  2. 「シミ対策とシミに効果的な美容法」

「シミ対策とシミに効果的な美容法」

「シミ対策とシミに効果的な美容法」

できてしまったシミはなかなかなくなりません。
シミはできる前に防ぐことがとても大切なのです。
そこで、シミをつくらないための対策とシミに効果的なスキンケア方法をご紹介します。

 

・シミをつくらないための対策

シミをつくらないようにする対策をすることで、シミをできにくくすることができます。

1.日中は日焼け止めを使用する

日中に外に出る場合は、必ず日焼け止めを付けて紫外線対策をしましょう。
これが、一番紫外線から肌を守り、メラニンの生成を防ぐ効果があります。
キャンプや海などに行く場合は、SPFやPAが高い日焼け止めがお勧めですが、日常生活ではそこまで高い日焼け止めは必要なく、SPF20くらいで十分でしょう。
それよりも、朝日焼け止めを塗ったら、昼に塗り直すように心がけると、1日中日焼け止めの効果が得られます。
また、日傘を併用すると、より紫外線からお肌を守ることができるので、紫外線の強い夏は特に使用することをおすすめします。

2.睡眠時間の確保やストレスを発散させる

寝不足が続くと、お肌の新陳代謝が乱れてしまうため、シミになりやすくなってしいます。
ですから、睡眠時間の確保はとても大切なのです。
お肌のターンオーバーは、睡眠中に活性化されます。
睡眠時間の理想は「6時間~8時間」。
質の良い睡眠を心掛け、「23時~24時」を目安に、就寝するようにしましょう。
また、人はストレスが溜まると、脳下垂体からメラニンを刺激する物質が分泌されためにシミになりやすくなります。
自分にあったストレス発散方法を見つけましょう。
例えば、休みの日は趣味に没頭するのでも良いですし、友人に愚痴を聞いてもらうのでも良いです。

3.喫煙を控えましょう

過度な飲酒や喫煙は、健康を損なうだけでなく、お肌にも良くありません。
特に喫煙は、ニコチンの作用により、シミを防ぐためにとても大切な栄養素のビタミンCを奪ってしまいます。
たばこ1本で、レモン半分のビタミンCが奪われてしまうのです。
いくらビタミンCを食事やサプリメントで摂取しても意味がなくなってしまいますので、シミをつくらないためにも、喫煙はやめましょう。

4.シミに効果的な栄養素を摂取する

シミに効果が期待できる栄養素は、ビタミンCやビタミンEです。
ビタミンCは、メラニン色素を薄める作用があること、メラニンに変化するのを抑制する効果があります。
ビタミンEは、抗酸化作用があり、お肌の酸化を防ぐだけでなく、紫外線からお肌を守ってくれる効果も期待できます。
ビタミンCやビタミンEが配合されている食べ物を積極的に摂取することで、シミができづらいお肌にすることができます。
まずは、トマトです。
トマトはリコピンがお肌に良いということは知られていますが、ビタミンCやビタミンE、食物繊維も含まれています。
次に、ブロッコリー。
ブロッコリーは、野菜の中でも栄養価が高い食べ物で、100g食べれば1日分のビタミンCを摂ることができます。
ビタミンEや葉酸、カリウム、食物繊維、ビタミンKも含まれているので積極的に摂取すると良いでしょう。
また、果物は豊富にビタミンCが含まれています。
レモン、キウイ、ザクロ、ミカン、いちご、グレープフルーツなど。
これらを意識して摂取することでシミ改善につながります。

 

・シミを防ぐオススメのスキンケア方法とは?

いつものスキンケア方法に少しプラスしてあげるだけで、シミを防ぐことができます。
難しいことではないので、是非試してみてください。

1.朝の化粧水前にひと手間の蒸しタオル
朝の洗顔後に蒸しタオルでお肌を温めてあげましょう。
そうすることで、毛穴が開き化粧水の浸透がアップします。
乾燥によって肌のバリア機能が失われるリスクを減らすことで、紫外線からお肌を守ってくれる効果が期待できます。
方法は、塗らしたタオルをレンジで30秒~1分間加熱して、お肌に蒸気を当てましょう。
5分くらい当てれば、お肌がふっくらと仕上がり、いつもよりもしっとりと潤ったお肌になり日焼け止めやファンデーションののりも良くなります。

2.リンパマッサージで血行促進
リンパに沿って優しくマッサージすることで、血行促進が促進されて新陳代謝を促すことができます。
年齢と共に新陳代謝は衰えてきますので、シミを防ぐ上では、メラニン色素が排出される新陳代謝がとても重要です。
方法は、オイルやマッサージクリームを使用して、滑りやすいようにして行います。
リンパに沿って、1.鎖骨から首筋2.額から目の周り3.鼻から口元、そのまま頬へと移動します。
注意としては、強い力で擦らないこと。
滑りやすいように、しっかりとクリームをつけることです。
摩擦が起こると、逆にシミができてしまう可能性があるので気を付けましょう。

3.ピーリングでターンオーバー促進
ピーリングとは、皮膚表面の古い角質を取り除く方法です。
年齢を重ねると、肌の表面に蓄積した古い角質が溜まりやすくなっていきます。
そうなると、肌がくすんでみえたり、メラニン色素が溜まりやすくなり、シミの原因となります。
ピーリングでお肌を優しくマッサージし、古い角質を取ってあげることで、お肌がワントーン明るくなり、シミを防ぐことができます。
市販でもピーリングジェルは販売していますので、お風呂の時に週に1~2回使用あげると
効果的です。

・まとめ

シミの対策をすれば、紫外線に負けないお肌をつくることができます。
できることから、お肌のために実践してみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

美magaの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美magaの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア