「大人ニキビができる原因と改善方法」

スキンケア

「大人ニキビができる原因と改善方法」

10代の思春期にはニキビができやすい時期ですが、大人ニキビに悩んでいる方もいます。
皮脂が多くないのになんでできるの?と思いますよね。
20代~の女性にできやすい大人ニキビの原因と改善策を紹介します。

・大人ニキビの原因とは?

大人ニキビは、思春期とは違う理由でできてしまいます。
大人ニキビは吹き出物です。
そのため、対処法もことなりますので、しっかりと原因を突き止める必要があります。

1.ホルモンバランスの関係
一番、大人ニキビに関係しているのではないかと言われているのが、ホルモンバランスです。
女性ホルモンと言われても、目に見えるものではないのでわかりづらいと思いますが、女性には、生理周期によって、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンのバランスが存在します。
このホルモンのプロゲステロンは、妊娠や出産などに重要な役割を果たしてくれる反面、皮脂の分泌を促し、お肌の角質を厚くする働きを持っています。
そのため、女性特有の生理前になると、はエストロゲンが減り、プロゲステロンが増えることで、普段よりもニキビができやすくなってしまうのです。
これは、スキンケアを怠っていたというわけではないので、自分自身で周期を確認して、生理前だからニキビができているということを把握する必要があります。
弱に、生理が終わりエストロゲンもプロゲステロンも共に減少してホルモンの影響を受けない時期には、ニキビが減り、お肌の調子も良くなる方が多いといいます。

2.ストレスの影響
大人にニキビにはストレスも関係しています。
社会人になり、仕事や人間関係のストレスや、プライベートのストレス。
様々なストレスで大人ニキビができているのです。
人はストレスを感じると、緊張状態になるため、自律神経が崩れて交感神経が優位になります。
そうすると、男性ホルモンのアンドロゲンが多く分泌されるようになるのです。
この男性ホルモンは、皮脂の分泌を促すだけでなく、お肌の皮膚の角化を進めてしまう役割があるので、毛穴に皮脂が詰まり、ニキビにつながっていまいます。
お肌の酸化が原因で、古い角質が溜まりやすくなっている状態です。
また、ストレスは免疫力も弱めますので、お肌のバリア機能も一緒に弱り、外部からの刺激を感じやすくなってしまいます。
そうすると、メイクをするだけでも刺激に感じたり、いつも使っているスキンケアでさえもピリッと刺激を感じてしまうこともあります。
自分ではストレスを感じていなくても、ニキビとしてお肌に影響がでてしまうのです。

3.身体の冷え
女性は冷え性の方が多いといいます。
身体の冷えは、血の滞りによって起きていることも。
冷えによって、全身の血行不良になると、お肌にももちろん良くありません。
お肌の新陳代謝が悪くなり、ターンオーバーが乱れるのです。
そうすると、古い角質がそのまま残り、表面がザラついたり化粧のりが悪くなり、しまいには、ニキビにつながります。
また、冷えは、栄養が細部まで行き渡らなくなることで、乾燥もしやすくなります。
乾燥すると、お肌を潤そうと皮脂が出やすくなるので、これもニキビになってしまうのです。

・大人ニキビの解消方法

1.ストレスの発散

ストレスを溜めないように、運動をしたり自分自身が楽しめることをみつけましょう。

ジムに通ったり、ヨガに行ったり身体を動かすとストレスが軽減されるという報告もあります。
また、身体を動かすことで、血行不良も改善されて冷えの解消にもなります。
大人ニキビの原因でもある、冷えやストレスの軽減には、とても良い効果を得られます。
他にも、お風呂でリラックスできるように、好きな香りを入れたりゆっくり浸かることも効果的。
全身の血行が良くなり、デトックス効果でお肌に潤いも戻ります。

2.皮膚科にて治療

大人ニキビが悪化してしまった場合、皮膚科にて治療を受けると良いでしょう。
抗炎症作用の飲み薬やビタミンCなどの飲み薬、抗炎症作用の塗り薬を処方してもらえます。
毎月、女性ホルモンの影響で大人ニキビができてしまう方には、皮膚科で薬を処方してもらっていれば、ニキビができ始めたときに、対応できるのでおすすめです。
また、漢方薬もあります。
また、美容クリニックでは、ケミカルピーリングや、ビタミンC導入といったように、ニキビを改善する施術もあります。
ケミカルピーリングは、皮膚の角質をはがし、ターンオーバーを早める役割があり、ビタミンC導入は高濃度のビタミンCを肌の奥に入れる施術です。
ニキビ跡になりそうなくらい炎症している時には、一度試してみる価値があります。

3.スキンケアの見直し

大人ニキビができている時は、ニキビに効果的はスキンケア商品を使うようにしましょう。
ニキビができづらい肌をひきしめる収れん作用のある化粧水や、刺激の少ないオーガニックのスキンケアがおすすめです。
ビタミンC誘導体やクエン酸、ハマメリスエキスなどには収れん作用があります。
また、バリア機能が低下している場合には、セラミドやヒアルロン酸、グリセリン、スクワラン等が有効です。

・まとめ

大人ニキビは、なかなか治りづらく、同じ部分にまたできてしまったりします。
医療の力を借りてもOKです。
ニキビ跡になる前に、大人ニキビを退治しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました