「オトナ女性の「モテる」テクニック」

恋愛

現在では、年下よりも年上の女性がモテる時代になってきました。

女性としての経験などから若い時よりも更に磨きがかかっているのです。

そこで、オトナの女性のモテるテクニックをご紹介します。

 

・とにかく相手を褒める

男性は、とにかく自分を尊重して頼られるのが好きです。

なので、オトナな女性だとしても、相手を立てて褒めることが大切。

 

1歳上の男性の場合

社会で地位も確立し、頼られる存在であることに価値を感じます。

そのため、オトナの女性でも「相談を持ち掛ける」「悩みを打ち明ける」ことで、助けになってあげたいと思うようになります。

いつもしっかりした女性が、悩みや相談を打ち明けると、ドキッとさせることができるのです。

とても尊敬していることを伝えると、より距離感が一気に縮められるかも。

「何でも知っていて、本当にすごいですね」など、ちょっとした言葉でもとても喜ばれます。

2歳下の男性の場合

年下の男性は、無駄なアピールをするよりは、しっかりとした対応をしてくれる女性を好みます。

安心感があって、頼れる女性に魅力を感じるので、甘えさせてあげることがポイント。

癒し系の女性はモテる典型的なタイプですよね。

「もう少し話していたいな」「仕事終わりに食事にいきたいな」と思わせてしまう計算だと思わせない魔性の女になることがポイントです。

また、男として内面や外見を褒めてあげると、男性は簡単にメロメロになってしまうことも。

「今日のスーツ素敵ですね」なんて言葉も嬉しいですね。

そういう些細なことが、癒しを欲している男性には、一目置かれる存在になれますよ。

 

 

・女性らしい色気やセンスをだす

オトナの女性だからこその色気やセンスを出すことができます。

見た目はもちろんのこと、所作や小物などでもモテるテクニックが隠れています。

 

1.ファッションで色気とセンスをみせる

若い女性は流行りに流されて、自分に合ったファッションをなかなか見つけられません。

大人になると、自分に似合うファッションがわかるようになり、スタイルのコンプレックスをカバーして、自分の魅力を最大限にだすことができるようになります。

ヘアスタイルも同じことです。

若い時には出せない、大人の女性の色気をだすことで、男性は異性の恋愛対象として意識するようになります。

 

2.持ち物でセンスをみせる

見た目だけでなく、一つ一つの持ち物でも大人の女性のセンスが分かります。

男性は、意外とカバンの中や小物を見ているものです。

ハンカチがいつもキレイな状態であったり、スマホのケース一つでもセンスの良さは分かります。

オシャレでセンスの良いものを使用していると、素敵だなと思うのが男性の心理です。

さりげなく女性らしいセンスの良さをアピールするのが、オトナの女性のモテるテクニックです。

 

3.所作を丁寧にする

所作とは、立ち振る舞いや身のこなしを丁寧にするということです。

普段から所作を整えると、そこに女性らしい美しさを感じさせます。

美しい所作のポイントは、動作をゆっくりと行うこと。

がさつな行動や、雑な動きは投げやりに見えてしまい、男性からおばさんに見られてしまう可能性もあります。

オトナの女性のモテるテクニックとして、品が合って素敵だと思われるポイントは、立ち居振る舞いを丁寧に行う所作です。

毎日動作をゆっくりと行うことを心掛けてみてください。

 

 

・仕事とたまに見せるギャップ

ギャップがある女性にグッとくる人はとても多いです。

女性でも男性のギャップにドキッとすることありますよね。

それと同じで、緩急やメリハリがとても大切。

例えば、仕事をしている時は、真面目に取り組み、しっかりとしてスキのない女性でも、プライベートでは、おっちょこちょいな部分が垣間みえると、オトナの女性でもカワイイと思ってもらうことができるのです。

また、打ち合わせや、書類を渡す時など、至近距離で接する機会には、甘い香りの香水をつけることで、女性として意識してもらえます。

 

・自立した女性

自立したオトナの女性は、男性からとても人気です。

1.媚びない

媚びる女性は一見、愛嬌がある、甘えてくれていると相手に思ってもらえそうですが、既婚男性には、全く響きません。

媚びられると、何か裏がありそうと警戒してしまう人や、うざったいと感じる男性が多いのです。

媚びるよりも、普段はしっかりしていても、大変な時に頼ってみる方が既婚男性にはグッときます。

今の時代は男性も見る目が変わってきていますから、媚びる言動がかわいいという時代でもないのかもしれません。

 

2気遣いができる

気遣いができる人も好印象です。

これは、人としてもとても大切なことといえるでしょう。

例えば、仕事で疲れている時に「最近忙しそうですね!お身体気を付けてくださいね」といった声をかけてあげるだけでも「俺のことを気遣ってくれている」と嬉しくなります。

そこから意識しだす男性も多いのです。

また、相手の都合が悪い時には、あえて距離をおいたり、おせっかいをしないことも気遣いができる人の特徴です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました