「イタリアンレストランでのテーブルマナー」

恋愛

仕事の接待や、男性とのディナーでイタリアンレストランに行くことも出てくると思います。

急に連れて行ってもらって、分からずに恥をかいたなんてことも。

オトナな女性ならテーブルマナーを知っていて当たり前だと思われます。

今回は、イタリアンレストランでのテーブルマナーをご紹介します。

 

 

・入店する際のドレスコード

格式の高いイタリアンレストランに行く場合は、ドレスコードがあります。

デニムや、カジュアルな服装はNGとなりますので、ワンピースやスカートにパンプスなどを合わせていきましょう。

デートの場合は、オシャレをしていきたい気持ちも分かりますが、強い香水は、料理を楽しむためにはNGとなります。

また、ファーがついたコートなども料理にとんでしまう可能性があるので避けましょう。

そのお店にふさわしい上品な服装をしていくことをおすすめします。

格式のあるイタリアンレストランでは、

お店の人が椅子を引いてくれます。

・入店後の荷物やマナー

まず、冬場は、コートをクロークなどで預かってくれるので、入店したら貴重品以外は預けましょう。

テーブルに通されると、カジュアルではないイタリアンレストランでは、店員さんが椅子を引いてくれます。

軽く会釈をしてから、椅子の前に入り、ゆっくりと座りましょう。

この時に、あたふたしていると、スマートではありませんので、気を付けてください。

貴重品の入っているバッグは、かごが用意されていることがほとんどですので、かごに入れるか、小さいバッグであれば、椅子と背中の間に置きます。

この時、スマホは音が鳴らない様にしましょう。

静かなレストランであれば、他のお客様の会話の妨げにもなってしまいます。

入店する前にマナーモードに設定をしてください。

まずは、ここまでが食事をするまでのマナーとなります。

 

・ナプキンの使い方

 

イタリアンレストランだけでなく、フレンチなどでもナプキンは用意されています。

膝に広げることは分かっていても、正しい使い方を良く知らない方も。

ナプキンの正しい使い方を覚えておきましょう。

 

1ナプキンを膝に広げるタイミング

席に着いたら、最初にナプキンをいつ膝に広げればいいのか悩みますよね。

空いてのタイミングに合わせるのも一つの手ですが、正しいタイミングを分かっている方が安心です。

ナプキンを膝に広げるタイミングは、最初の飲み物や料理が運ばれてきたらと頭に入れておきましょう。

 

2ナプキンの使い方

ナプキンは、食事をして、口元や手元が汚れた時に拭くためのものです。

相手に見えないようにナプキンの中側の面を使って拭くようにしましょう。

また、お手洗いなどで席を立つ際のナプキンは、椅子に置くか、椅子の背もたれにかけるかどちらでも構いません。

食事の途中で席を立つ時に、ナプキンをテーブルに置くことはNGとされています。

3食べ終わったあとのナプキン

食事が終わったら、ナプキンをキレイに畳んでテーブルに置く方もいますが、欧米では、食べ終わったらナプキンは丸めてグシャっとテーブルに置くそうです。

これは、「美味しかったです」という意味を持っているので、みんなそうするのだとか。

でも、日本では、行儀が悪いという意識があるので、ナプキンを丸めてグシャっとテーブルに置くのは、気が引けます。

あまりやる人はいないかもしれません。

ですので、軽く折りたたんでテーブルに置いた方が良いでしょう。

キレイに折りたたんだ方が、イタリアンレストランのマナーでは、NG行動になります。

 

 

・パンの食べ方

イタリアンレストランでは、最初にパンを提供してくれることが多いです。

バケットに入ったパンを1つとり、一口サイズにちぎって食べるのがマナーとなります。

オリーブオイルやバターが用意されている時には、お皿にバターやオリーブオイルを取って、そこにパンを付けて食べましょう。

パスタが提供される予定がある場合は、パスタソースに付けて食べたくなることもあると思います。

カジュアルなレストランなら構いませんが、パーティーや格式の高いレストランでは、やめましょう。

 

 

・フォークとナイフの順番や使い方

さて、フォークとナイフの順番や使い方です。

どこから使えばいいのか分からず、これが一番あたふたしてしまう人が多いといいます。

 

1フォークとナイフの順番

基本的に、イタリアンレストランでは、外側から順に左右セットにして置かれています。

そのため、料理が運ばれてきたら、左右、外側から順に使っていけば問題ありません。

 

 

2フォークとナイフの使い方

基本的に、前菜やフォークで食べられるものは、いつも通りのフォークの持ち方で問題ありません。

一口が大きくなってしまうものに関しては、ナイフを使って一口大にカットしましょう。

肘は、広げずに、カチャカチャ音がならないように細かく腕を動かしてエレガントに切るようにするとスマートで慣れている感じがでます。

静かに食べるのが、大人の女性のテーブルマナーです。

3食事中にフォークとナイフを置く場合

食事の途中で、ナイフやフォークを置く場合は、お皿の上にハの字になるように置きましょう。

ハの字に置くことで、「まだ食事の途中です」という合図になります。

間違えて、右下にナイフとフォークを揃えておいてしまうと、食べ終わった合図となってしまうので、気を付けてください。

 

 

・慣れることが大切

テーブルマナーにばかり気を取られて食事が楽しくなくなってしまっては本末転倒です。

イタリア料理を美味しくいただくには、お店の雰囲気や会話を楽しみながら、食事をしましょう。

テーブルマナーが身に着けば、自然と楽しめるようになります。

まずは、気の知れた友人と一緒にイタリアンに行って慣れてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました