オトナミューズ2014年12月号『HELMUT LANG(ヘルムートラング)超特大トート』をご紹介。

はじめまして、えりです。
初のレビュー投稿…どきどき。
あたたかい目で見守っていただけると嬉しいです(照)。

今回ご紹介するのは、otona MUSE (オトナ ミューズ) 2014年 12月号
の付録『HELMUT LANG(ヘルムートラング)超特大トート』。

オトナミューズ2014年12月号付録

「超特大」と言うだけあって、超デカイ。

お水500mlとくらべると、コレくらい。

『HELMUT LANG超特大トート』正面

数字にすると、このようなサイズだそうです。

タテ38.5×ヨコ48(最大)×マチ11.5cm ※雑誌より引用

 

ただ、今回一番「いいな」と思ったのはデカさではありません(え?)。

なんと言っても、生地がしっかりしているところ!!

正直、付録を侮ってました。ごめんなさい。

だって雑誌の付録のバッグって、布がペロペロで薄くて、すぐ破れちゃいそうで、

見た目の安っぽくて…(以下略)。

個人的には、あまり使えるイメージがなかったんです。でもコレは別。

写真で撮ってもバッグが黒いゆえになかなかキレイに伝わらない…ということで、言葉で一生懸命伝えますね。コピーライターの仕事やってて良かった、まじで。

 

まず、少し光沢感のある表面は、触れるととってもやわらかい!

安っぽくないというか、付録っぽくないというか。

そして内側はコーティングされているような感じで、水分にも強そうです。

ちなみに素材はポリエステルだそう。※雑誌引用

そしてそしてそして。

厚手につくられているのは、荷物の多い女子にとってはめちゃくちゃ嬉しい!

手帳だって、コテだって、パンパンの化粧ポーチだって、できるなら全部持ち歩きたいですもんね。

 

ちなみに、これだけの荷物を入れてみましたが、バッグを持った感じは全然ヨユー。

『HELMUT LANG超特大トート』※荷物を入れてみた①『HELMUT LANG』超特大トート ※荷物を入れてみた②

※中身:雑誌1冊、文庫本1冊、ニット帽、化粧ポーチ、タオルハンカチ、フェイスタオル、セーター1枚、500mlのペットボトル

 

家にあった漫画『僕らがいた』全16巻も入れてみましたが、こちらもヨユー。

『HELMUT LANG』超特大トート ※漫画を入れてみた①『HELMUT LANG』超特大トート ※漫画を入れてみた②

「底抜けちゃうかな?」「持ち手がちぎれるかも…」なんて心配は、全くいらなさそう。重さ的にも、容量的にも、まだまだイケそうでした。

 

雑誌の紹介文「一泊旅行だってOK」なんて、最初は一切信じてなかったのですが…

結論、「一泊旅行だってOK」!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

デザインも服や場所を選ばないので、友達との週末旅行、彼の家へのお泊り、日帰り温泉、ジムやヨガなど、ちょっと荷物が増える様々なシーンで使えそうです。

 

さて、彼に一泊旅行をおねだりしようっと。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

更新カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

レビューモデル

BTY6005 Hayami/野々原いちご(30代) 作家・アクセサリー作家。
>>詳しくはこちら
セナ あつこ(30代)
パン&フードコーディネーター
>>詳しくはこちら
BTY6007 グゥちゃん(30代)
フリーライター/コピーライター
>>詳しくはこちら
えり えり(20代) コピーライター
>>詳しくはこちら
セナ セナ(20代) 漫画アシスタント
>>詳しくはこちら

お休み中
Mizuho Mizuho(20代)
大学4年生 4月から自由人
>>詳しくはこちら
ミスカレーミユキ
ミスカレーミユキ(20代)
ミスカレー
>>詳しくはこちら
BTY6023 Suzuko(20代) デザイナー(Web、グラフィック、DTP)
>>詳しくはこちら

お勧めリンク

このページの先頭へ